技術向上

大きな変化を生むカーブを投げるために必要なこと ~変化球の投げ方~

大きな変化を生むカーブを投げるために必要なこと

日本の野球界では、投手が一番初めに覚える「変化球」として最も多いのが「カーブ」です。

決して最も投げやすい「変化球」であるわけではないのに何故「カーブ」が多用されるようになっているのかはよく分かりません(『変化球は1種類ではありません! ~スライダーを3種類使い分ける方法~』)。

とは言え、効果的な「カーブ」を投げたい人はたくさんいらっしゃると思いますので、本日は「カーブ」の投げ方について記していきたいと思います(とは言え「変化球」全般に当てはまる内容なので投手の方は一読の価値ありです)。

では、本題に入る前にお聞きしたいことがあります。

それは、

「カーブ」を投げる時、あなたは手首をひねってますか?

大半の投手が「YES」と答えるのではないでしょうか。

「カーブ」だけではなく、「変化球」を投げる時に手首を捻って投げる球種があります。

「カーブ」や「スライダー」、「シュート」などがその代表格ではないでしょうか。

しかし、冷静になって一度考えてみてください。

本当に変化球を投げる時に手首を捻って投げているのでしょうか?

一度、意識的にひねって投げてみると分かると思います。

ひねって投げると「ボール」はとんでもないところに行き、手首が痛くなります。

もうお気づきかもしれませんが、

「カーブ」を投げる時に「投手」は、キャッチャーに向かって投げるため、自然(無意識)に手首を捻らないように投げている

ということです。

同じく、「スライダー」や「シュート」も、解説本で書いてあるように捻って投げると、投げることすらままなりません。

つまり、「ひねって投げているか?」の質問は本人がどんな意識であれ、実はひねったりはしていません。

というか

本当に捻ってしまうと投げることができません

あくまでイメージのハナシで捻る動作はしていません。

それであれば、初めから

手首を固定するイメージで投げる

方が賢明です。

手首を固定した形で変化する「変化球」の「投げ方」を追求した方が効果的な「変化球」を投げることができます。

>次のページ:投手が投げた変化球が変化する理由

技術向上の関連記事

Contents Menu

変化球の握り方は1つではない ~フォークの握り方4種類大公開~
その筋トレって何のためにやってるの?【投手編】
打たれるべくして打たれるからあなたは試合に出られない~技術を言い訳にしない~
ストレートがシュートしたり、スライダーしてしまう時の対処法
稀代の大投手 黒田博樹投手(広島カープ)を徹底分析
よく考えてみて、投手はプレートを蹴っていません。

最新記事のチェックにフォローしよう