トレーニング

インナーマッスルは鍛えるものではない

インナーマッスルは鍛えるものではない

野球選手、特に投手は「チューブ」を使った「肩関節」、「インナーマッスル」などの「トレーニング」をよくやっています。

このトレーンングに意味はあるのでしょうか?

そして、何に必要なトレーニングなのでしょうか?

「野球肩革命所」では、人間の身体の構造と各部の働きから考えて「インナーマッスル」を鍛える意味はないと考えています。

「全く意味がない」とまでは言いませんが、

問題は「インナーマッスル」とは何なのかを分からず鍛えている選手には全く意味がない

ということです。

鍛えた方が良いかどうかはまず置いておいて、「インナーマッスル」が何の役割で身体にあるのか、その正体を知ってから検討しましょう。

そして次に、その正体を知れば、そこまで単純に鍛えられるものではないことを理解できるはずですし、鍛える意味があるものなのか分かってくると思います。

>次のページ:インナーマッスルとは

トレーニングの関連記事

Contents Menu

あなたは「調整」の意味を間違っていませんか? ~試合前の「調整」方法について~
投手がスピードボールを投げるための究極のトレーニング方法
手首の強さは野球選手には関係ない
遠投が遠くまで飛ぶから何なの? ~筋肉バカにならないススメ~
野球の指導者は効果を知らない練習を教える
野球選手に「器用さ」って必要だと思いますか? ~器用な選手と不器用な選手の違いとは~

最新記事のチェックにフォローしよう