思考法

左右対称に鍛えることに意味はない

左右対称に鍛えることに意味はない

先日、とあるトレーニングの専門家が野球チームに対して指導している姿を見ていました。

そこで彼は

人間の体は「左右対称」にバランスよくトレーニングする必要がある

と教えていました。

さらに、「打者」であれ「投手」であれ、野球はかたよった体の使い方をする競技なので、正反対の動きも取り入れ、「左右対称」に鍛えないと故障リスクが高まり、パフォーマンスも落ちると伝えていました。

さて、この教え方は正しいのでしょうか?

一見、正しいように感じるかもしれません。

しかし、そもそも人間の身体の在り方を考えれば、矛盾している点があります。

それは、

そもそも人間の体は「左右対称」にできていない

ということです。

分かりやすいところで言えば、あなたの「心臓」はどこにあるでしょうか。

他には「腎臓」、「肝臓」は左右対称に存在しているでしょうか。

学問的には

人間の身体における「筋骨格」系は「左右対称」である

と教わります。

そのため、表面上だけを学んでしまうと、「人間の身体を左右対称に鍛えるのがいい」というハナシになります。

しかし、人間の内部まで見ていけば、人間は「左右対称」でない状態が自然です。

>次のページ:「左右対称」が良いという専門家は何の専門家?

思考法の関連記事

Contents Menu

野球選手は練習をサボればうまくなる
野球はビジネス化して衰退していく
投手の基本はストレートなんてことはない。
野球選手の親ができるのはだまって成長を見守ること
左右対称に鍛えることに意味はない
NEXTFUN -ネクストファン- / アスリートのセカンドキャリ支援プロジェクト

最新記事のチェックにフォローしよう