投球術

投手の基本はストレートではありません。

投手の基本はストレートではありません。

投手の方であれば、こんなことを言われた経験は一度はあるのではないでしょうか。

・「投手の基本は真っ直ぐだ!」
・「真っ直ぐが投げられない奴が変化球なんて投げられるか」

こんなことよく言われませんか?

私は現役時代に何度も言われたことがあります。

その当時は、「その通り」だと納得していたので、とにかくストレートを磨きました。

しかしどれだけストレートを磨いたところで、球速が150km/hになることはありませんでした。

コントロールに注意して練習するぐらいが関の山です。

しかし現役を引退してこそよくわかりましたが、

投手の基本はストレートではありません。

では何が投手の基本となることなのでしょうか。

投手の基本とは、

その投手自信のベストボールを磨くこと

です。

つまりストレートの人もいれば他の球の人も存在して当たり前だということです。

そろそろ基本は「ストレート」という概念を変えていかなくてはいけません。

投手がやらなきゃならないことはなんなのか

ストレートが持ち味の投手であれば、もちろんストートに磨きをかける、スライダー、カーブ、フォークなどが持ち味であれば、そのボールが、その投手の「基本」になります。

変化球が投げられない年代であれば、「得意のコース」が基本ということですね。

この基本のポイントがずれてしまうと、投手として大成することは難しいでしょう。

基本となる球種がない投手は、基本となるボールを作ることです。

反対にもっとも勝てない投手というのは、

「満遍なく様々な球種が投げられる投手」

です。

オールマイティー型の投手というのはなかなか勝ちをつかめません。

それよりも球種は3種類くらいであっても、1種類だけがずば抜けている投手の方が必ず勝てます。

そして、ここで最も考えて欲しいことは、

投手としての役割

についてです。

投手がやらなければならないこととは何でしょうか。

決して多彩な「変化球」や「剛速球」を投げて観客を沸かせることではありません。

何が大事かというと

勝利に貢献できる投手になること

です。

もっと言えば、「優勝請負人」になることです。

このことを常に意識して練習してください。

そうすれば「基本はストレート」という考え方がいかにおかしいか分かるはずです。

まずは基本のボールに気づき、とにかくミスがないように練習しましょう。

基本のボールがなければ、基本となる球種を作ることです。


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お申込みはコチラまで(詳細は『野球肩革命チームトレーナープロジェクト』)。

投球術の関連記事

Contents Menu

投手のボールの握り方なんて何でもかまわない。
優秀な投手だけが知っている打者の弱点の見つけ方
投手が風向きを利用すると勝率が上がる?! ~あなたは風向きを考えるか~
究極のシャドーピッチングのやり方
【クロスファイヤーの謎】クロスファイヤーって何?
速い球を投げるためには速い球を投げる練習をするしかない

最新記事のチェックにフォローしよう