思考法

野球選手に体罰は必要なのか。

野球技術の上達に体罰は必要か否か

野球に限らず、スポーツ現場における「体罰(たいばつ)」が、かなり神経質に取り上げられる時代になっています。

私が高校生だった頃には、「殴る」、「蹴る」なんて当たり前で、口答えなんて許されるわけもない時代でした。

そして当時は、そんな環境が当たり前すぎて、一切不思議にすら思うことがありませんでした。

しかし、最近では、「殴る」なんてもっての他で、触れただけでも「体罰」としてニュースにまでなるシビアな時代になっています。

本日はそんな体罰について触れたいと思いますが、体罰が「良い」のか「悪い」のかは、人や時代によって意見が異なるため触れないようにします。

そんなことよりも、「体罰」が純粋に「野球の上達」という観点において必要がどうかを考えていきましょう。

次のページ:時代にあった練習方法がある

思考法の関連記事

Contents Menu

野球の苦しい練習を楽しくする方法
野球のチームワークは個の力の上にしか成り立たない。
プロ野球選手になる人は2種類のタイプしかいない
投手にとって最も大切な考え方のハナシ
下手になりたい野球選手はいないと指導者は分かっていますか?
野球は日本のスポーツ界から最もかけ離れた存在になりつつある

最新記事のチェックにフォローしよう