思考法

野球選手は試合に出れば練習なんでどうでもいい

好打者の条件

野球選手であれば、「好打者」や「好投手」を目指して、日々練習を繰り返しています。

しかし、ここで皆さんに質問があります。

それは

好打者の条件って何ですか?

というものです。

この質問に明確な答えは難しいかもしれません。

答えは人それぞれ持っていることでしょう。

しかし、自分の中でこの答えをもっているかどうか、どこに視点をもっていくかどうかで、技術の向上に大きく差がついてしまいます。

ひいては試合に出場できるかどうかに大きくつながってきます。

ただ、「好打者」には絶対的な条件というのが存在しています。

それは

好打者は必ず試合に出場している

ということです。

少なくともチーム内において優先的に出場する選手がチーム内おいての「好打者」の条件です。

さらに付け加えれば、

好打者は試合に出場して結果を出している

という条件もあります。

なぜ、こんな当たり前のことを言ったのかというと

極端な言い方をすれば、練習中にいくらホームランを打ち続けていても、試合になって全く打てない打者はいつか試合に出場できなくなる

ということです。

さらに反転して考えれば、

野球選手は試合に出られるなら練習なんてどうでもいい

ということです。

>次のページ:1年間の練習よりも1試合の公式戦

思考法の関連記事

Contents Menu

野球の最高の指導者とは何も教えない指導者
水分補給はこまめにやると逆効果って知ってた?
野球界のためにも規格外の選手になろう! ~不人気から見えるこれからの野球選手に求められること~
親はもっと子どもを信じましょう
投手が全力で腕を振ろうとすればするほど振れなくなる
投手のボールが止まって見える方法

最新記事のチェックにフォローしよう