投球術

優秀な投手だけが知っている打者の弱点の見つけ方

ピッチャーとバッターは心理戦

プロ野球などを見ていると、剛速球で打者をなぎ倒すピッチャーもいれば、いわいる技巧派といわれ球種を匠に活用して打者を打ち取るピッチャーがいます。

しかし、

他の人には投げられない剛速球を投げられるのに打ち込まれてしまうピッチャー

も存在しています。

こういった現象はなぜ発生するのでしょうか。

その要因は

野球とは心理戦のスポーツだから

です。

野村元監督も「野球とは完全に頭のスポーツだ」というぐらい「心理戦」が勝敗を分けると考えています。

では、そんな「心理戦」において、ピッチャーが一番に重要視するものといえばなんでしょうか。

それは、

対戦バッターの弱点を知ること

です。

対戦バッターの弱点を知ることができれば、ただでさえ有利なピッチャーの状況はさらに有利な状態へと変わります。

とはいえ、そんなに簡単にバッターの弱点をみつけることはできません・・・

と、思いきやそんなこともありません。

>次のページ:バッターの弱点を見抜く方法

投球術の関連記事

Contents Menu

投手は打者の心理を知ることで上手くなる。
投手が前で投げる意識をしても上手くならない
勝てる投手になるにはコントロールの本当の意味を知ること
ピッチャーのボールが指にかかった感覚の正体
勝ち続ける投手になる条件は球速やコントロールが勝つ条件でないと理解すること
投手が風向きを利用すると勝率が上がる?! ~あなたは風向きを考えるか~

最新記事のチェックにフォローしよう