野球肩・肩のケア

投手に前で投げる意識はいらない

前で投げる意識は故障を招くだけ?!

投手であれば、できるだけ前で投げる意識が強い人が多いのではないでしょうか。

本人が自ら意識的に行っている人もいれば、周囲からアドバイスとして言われることが多いため、前で投げる意識をしている人が多いのでしょう。

意味合いとしては、なるべく「球持ち」を良くして、勢いのある「ボール」を投げられるようになると言われています。

またはノビのあるストレートが投げられると言われています。

しかし実は、

「前」で投げても人体の構造上からパフォーマンス的な向上は望めない上に、故障をしやすくなっている

ことに注意をしなければいけません。

なぜなら

人の身体というのは、重心の移動によって力を生み出して動作することが理想的だから

です。

それに対して、この「前で投げろ」という行為は「重心移動」の概念を完全に無視した言葉です。

>次のページ:「前で投げる」意識は何も生まない

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球選手に体力は関係ないと知ろう
野球肩を治療する前に肩周りが柔らかいから大丈夫ではないと知ろう
投手が省エネ投球するために必要なことを知れ
野球肩と野球肘が治りにくい 理由は簡単
野球肩を未然に防ぐための肩関節のハナシ
いったい誰が言いはじめたのか ~野球選手は身体が硬くても関係ないという事実~

最新記事のチェックにフォローしよう