野球肩・肩のケア

投手が大胸筋を鍛えると野球肩のリスクを高める

投手が大胸筋を鍛えると野球肩のリスクを高める

冒頭から結論を言ってしまいますが、投手はベンチプレスをしないほうがいいでしょう。

ベンチプレストとは大胸筋という胸の大きな筋肉をトレーニングする「筋トレ」の一種です。

このベンチプレスを行うことで大胸筋を鍛えてしまうと、野球肩のリスクを高めてしまっています。

野球肩のリスクを高めているとは、肩関節にかかる負荷を高めてしまっているということです。

そのため、野球肩革命所では、投手にベンチプレスはおススメしていません(ちなみに打者も不要です)。

プロ野球選手が重いベンチプレスを上げている姿や、厚い胸板をしている姿を見て真似をしている人がいるかもしれません。

しかし、肩関節の役割や大胸筋の役割を見ていくと大胸筋を鍛えてしまうと故障リスクを高め、根本的にパフォーマンスを高めるものではないことが理解できるはずです。

まずは「大胸筋」の特性から見ていきましょう。

>次のページ:大胸筋が野球肩に関係する特性とは

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

春のキャンプで調子がいいのはどうなのか? ~野球選手にとって必要なこと~
野球肩を防ぐためには野球肩になるまでの過程を知ること
野球イップスの解決方法は「治すこと」ではない?! ~イップスの解決法~
肩周りで投手にとって最も大切な筋肉
投球する時に最も大切な筋肉のハナシ ~野球肩の原因を探る
野球肩の治療をする前にアイシングに効果があるのか検証しよう

最新記事のチェックにフォローしよう