野球肩・肩のケア

野球肩を未然に防ぐための肩関節のチェック方法

野球肩を未然に防ぐために何かをしていますか?

野球選手である限り、野球肩という故障から逃れることはできません(『9割の投手が野球肩予備軍だって知ってた?』)。

そして、野球肩は発症してしまうと大半は完治することがありません(『野球肩は治らないという覚悟を持って身体のケアをしていますか?』)。

この事実は、大半の野球選手が知っているにも関わらず、具体的な解決策や対応策はとられていません。

やっていることと言えば、アイシング(『アイシングをしても野球肩の対策にはならない』)かストレッチ(『野球選手のストレッチやマッサージには意味がない』)ぐらいでしょう。

野球肩革命所では、様々な対策方法や解決方法をお伝えしているので、過去の記事も含めてよく読んでおいてください(『野球肩まとめ2』)。

本日の記事は対策をするよりも前段階にあたる「肩関節のチェック方法」を記していきます。

大半の野球肩に陥る選手は、肩関節が痛くなってから病院や治療院でチェックしに行く人ばかりです。

というより、現在の野球界全体が「痛くなってから」行動に移すため、一向に野球肩で苦しむ選手は減りません。

野球肩は痛くなってからでは手遅れです。

運良く名治療家に出会い完治する人は除いて、大半の野球肩に陥った選手は完治することなく、野球選手を終えた後の人生においても肩関節の痛みと生活しなければならなくなります。

ぜひ、この記事を読んだ本日から、日々のチェックを怠らないようにしましょう。

そして他の記事をチェックして身体のケアを怠らないようにしましょう。

最も効果的なのは選手本人が理解して行うことですが、難しい要素もあるかもしれませんので、保護者や指導者の立場にある方は熟読して理解しておいてください。

>次のページ:野球肩を防ぐためにチェックすべき肩関節の筋肉とは

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

遠投がすごいことが投手の条件ではないと理解しよう
アイシングは野球肩の予防・対策にはなりません
野球肩の治療・対策で飲むべきコラーゲンは何でもいいわけではない。
ピッチャーとアイシングの関係についてすべてを語る ~アイシングの必要な時と不要な時~
夏の大会中は「練習」よりも「回復」に最善を尽くせ! ~回復のために最優先すべきこと~
インナーマッスルがなぜ大切か知っていますか? ~よく分からず鍛えている人ばかりの野球界~

最新記事のチェックにフォローしよう