トレーニング

インナーマッスルを鍛えることのデメリット

インナーマッスルを鍛えることはメリットが少ない

野球選手であれば知らない人はいないというほどチューブトレーニングが浸透しています。

とりわけ投手であれば、やったことがないという人がいないほどではないでしょうか。

チューブトレーニングの謳い文句としては、

インナーマッスルは微小な力しか出せないため、インナーマッスルを鍛えようと思うと軽い負荷でトレーニングを行わなくはいけない

ということでしょうか。

果たしてこの考え方は正しいのでしょうか。

結論から言えば、

そもそもインナーマッスルを鍛えること自体にデメリットがある

とうことです。

そのデメリットに気づくためには、そもそもインナーマッスルとは何なのかを理解するところから始めましょう。

インナーマッスルへの理解を高めると、チューブトレーニングが肩関節への故障リスクを高めているにも拘わらず、得られるメリットが小さいことを理解できると思います。

>次のページ:インナーマッスルの役割

トレーニングの関連記事

Contents Menu

遠投が遠くまで飛ぶから何なの? ~筋肉バカにならないススメ~
ある投手がたった2年間で球速を25km/hもあげられた理由
野球選手はトレーニングでは上達しない
試合に出続けるのは頑張った選手ではない ~試合に出場する選手の条件~
筋トレ・ランニングは今すぐさぼりましょう~野球選手に必要な下半身のハナシ~
足の指の付け根に力を入れても意味はない。

最新記事のチェックにフォローしよう