投球術

投手のボールの握り方なんて何でもかまわない。

投手はボールの握り方を検証しない

今、あなたがボールを握るときの握り方って、なぜその握り方をしているか考えたことがあるでしょうか。

恐らく、図書館や書店で握り方を学んだ人が多いでしょう。

また指導者の方々もボールの握り方を教えてくれるので、その握り方を素直に受け入れている人もいるでしょう。

しかし、問題はどこからボールの握り方を学んだかではありません。

問題は、

今の握り方が本当にベストなのか検証したことがないこと

です。

おそらく検証したことがある人というのは少数派ではないでしょうか。

投手のリリース時に、数ミリの誤差が生まれると、キャッチャーミットに届くころには数十センチの誤差になります。

数十センチの誤差が生まれれば、ストライクであったボールがボールにもなります。

打ち取れたボールがホームランボールへと変わります。

それぐらい投球のリリースポイントとは重要な瞬間です。

そのリリースの瞬間に大きな影響を与えているものが「ボールの握り方」です。

>次のページ:投手のボールの握り方は結局何でもかまわない。

投球術の関連記事

Contents Menu

勝つ投手になるためにやらなければならないこと
プロ野球選手でも知らない最強の投球術
日本を代表する投手 前田健太(LAドジャース)を徹底分析
最も必要なのは「筋肉」でも「足腰」でもない ~スピードボールを投げるために必要なこと~
投手はボールを前で投げると低めにいかない
前で投げるイメージが強い投手ほどボールは走らない

最新記事のチェックにフォローしよう