思考法

野球選手が試合に出られないのは信用がないから

野球選手が試合に出られないのは信用がないから

野球技術を向上させる方法はたくさん存在します。

そんな方法論を基に、様々なトレーニングを繰り返し、日々の苦しい練習に耐え抜いています。

技術の方法論が語られる時、効果のあるなしが議論されると思いますが、実は方法論の正否なんかどうでもいいことだと思うのは私だけでしょうか。

技術がどうこうの前に、

「試合に出ること」が最も重要

だと考えるのは私だけでしょうか。

どんなトレーニングを1年間行っても、1試合の公式戦に出場する経験に勝るものはありません。

では、どうすれば試合に出場することができるのでしょうか。

恐らく大半の野球人は、

試合に出るためには野球技術が必要である

と考えているでしょう。

すると、技術が必要だから技術の練習をするものの、試合に出場するのが最大の練習だと考えれば・・・という風に答えが見つからない思考に陥ってしまいます。

そのため、「試合に出られるか」よりも「技術論が正しいかどうか」といった話で現実を誤魔化している部分が大きくあります。

しかし、野球選手なら試合に出られるための方法だけを考えれば良いのではないでしょうか。

では、野球選手が試合にでられるかどうかの要因は何がつくっているのでしょうか。

それは

試合に出て活躍しそうだという信用を得ること

です。

ポイントは結果ではないという所でしょう。

>次のページ:試合に出場するためにやってはいけないこと

思考法の関連記事

Contents Menu

投手の果たすべき目的は一つだけ
野球のチームワークは個の力の上にしか成り立たない。
野球選手に指導力がない理由
頭で理解するのと身体で理解するのはどれぐらい違うか知ってる?
監督にそんなに気をつかう必要はありません
ついつい高めのボールを振ってしまうのはイップスです。

最新記事のチェックにフォローしよう