投球術

勝つ投手になるために必要なことは負けないこと

勝つ投手になるために必要なことは負けないこと

野球と言う競技において「投手」はかなり特殊なポジションです。

そのため、投手が投手であり続けるためにはあらゆる勉強をしていなければ対処することができません。

例えば、

「練習における良いピッチング」と「試合における良いピッチング」は考え方も実際の投球内容も全く違う

ということを理解しなければなりません。

練習でできた良いピッチングを試合でできても打たれる場合があれば、反対に練習で全く満足いかなかったようなピッチングが試合ではうまく打者を打ち取ってしまうことがあります。

もっと具体的な話をしてみましょう。

練習中に「抜けたボール」を投げてしまうと、「良いボール」と認識されません。

ところが、試合中は「抜けたボール」だったとしても、打者が詰まったり、泳いだりして打ち取ることができれば「良いボール」だったと言えます。

この事実から、投手であるならばできるだけ早い時期にある大切なことに気づかなければいけません。

それは、

投手の役割はチームを勝利に導くことで、勝つ投手とは負けない投手であるということ

です。

>次のページ:投手がやるべきことは「試合」と「練習」では違う

投球術の関連記事

Contents Menu

投手の基本は打者に打ちにくい球を投げること
ピッチャーの基本はストレートなんていつまで言ってるの?
勝つ投手になるために必要なことは負けないこと
投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる
優秀な投手だけが知っている正しい決め球の考え方
投手が「低め」に投げるために「前で離す」と「低め」にいかない

最新記事のチェックにフォローしよう