トレーニング

野球選手としての「強い」の定義を明確にせよ

野球選手としてトレーニングでどう強くなりたいのか

野球だけではなく、スポーツ全般に言えることがあります。

それは、

トレーニングの目的である「強くなる」ことへの解釈があいまい

だということです。

あなたにとって必要な「強さ」が明確でないのにトレーニングをする意味があるのでしょうか。

「打者」であれば、どんなにムキムキになっても、「ヒット」や「ホームラン」を打てなければ何の意味もありません。

もっと言えば、試合に勝つことができなければ意味がありません。

極端な話で言えば、どんなに「ヒョロヒョロ」であっても甲子園で優勝できれば問題ないわけです。

そのためには、

練習をする前に「強さ」の定義を明確にしておく

必要があります。

>次のページ:野球選手としての「強さ」の定義

トレーニングの関連記事

Contents Menu

社会人野球を知れば練習の大切なポイントが見えてくる
スナップの解釈を間違えると危険
野球が上達するためだけにやっている練習時間を計ってみましょう。
野球選手に「体力」はいらない
ある投手がたった2年間で25km/hの球速を上げたトレーニングに対する考え方
インナーマッスルは鍛えるタイプの筋肉ではない

最新記事のチェックにフォローしよう