投球術

ピッチャーの基本はストレートなんていつまで言ってるの?

ピッチャーの基本はストレートなんていつまで言ってるの?

ピッチャーであれば、こんなことを言われた経験は一度はあるのではないでしょうか。

・「ピッチャーの基本は真っ直ぐだ!」
・「真っ直ぐが投げられない奴が変化球なんて投げられるか」

こんなことよく言われませんか?

ちなみに私は、現役時代に何度も言われたことがあります。

さらに当時は、「その通り」だと納得していたので、とにかくストレートを磨きました。

しかし、どれだけストレートを磨いたところで、私の球速が150km/hになることはありませんでした。

結果的に、コントロールに注意して練習するぐらいしかできませんでした。

しかし現役を引退してこそよく分かったことがあります。

それは

ピッチャーの基本はストレートではない

ということです。

バッターに打ちにくいストレートが投げられるピッチャーならストレートを磨けば良いし、違うボールが打たれにくいのであればそのボールを磨けば十分です。

そして、仮に打たれにくいストレートが同世代に比べて速度が遅くても関係なければ、速ければ良いというわけでもありません。

>次のページ:ピッチャーの基本のボールとは

投球術の関連記事

Contents Menu

投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる
日本を代表する投手 前田健太(LAドジャース)を徹底分析
投手が前で投げる意識をしても上手くならない
【クロスファイヤーの謎】クロスファイヤーって何?
大半の投手が思っている決め球は決め球とは呼べない
投手にとってコントロールが必要な本当の理由

最新記事のチェックにフォローしよう