野球肩・肩のケア

野球選手の肩は消耗品ではない理由を知ろう。

野球選手の肩は消耗品ではない理由を知ろう。

野球選手、とくにピッチャーであれば「肩」は生命線です。

様々なトレーニングをして肩を強くしたいと思いながら、肩を疲労させて故障してしまうのは怖いと感じているのが投手です。

なぜなら、野球肩になってしまったら、ただでさえ短い野球人生が突然に終焉を迎えてしまうからです(『野球肩は治らない~あなたはそれだけの覚悟をもって対策していますか?~』)。

そのため、肩の「ケア」や「メンテナンス」のために、様々なストレッチや、気遣いを行っていると思います。

しかし、それらの対応をしていても昔から目を見張る効果があるとは思えない状況です。

様々な技術進化がある中で、なぜ昔から野球肩に苦しむピッチャーが減らないのでしょうか。

その理由は簡単で、根底にある考え方に誤りがあるからです。

その考え方とは

野球選手の肩は消耗品である

という野球界の常識です。

「肩」は当然ながら大切にすべきものですが、この「消耗品」という考え方をベースに持っているのであれば、投手として損をしている上、根本的なケアやメンテナンスに行き着くことができません。

>次のページ:野球選手の肩は消耗品なんてことはない

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩を治療する前に肩関節のチェック方法を知ろう。
【野球肩の対策】肩関節が柔らかいから大丈夫・・・は嘘?!
野球肩を他の故障と同様に考えていると危険
【野球肩の対策】肩関節の調整に対する考え方
野球肩を治療する前に肩が痛いのか違和感なのかの違いを知ろう
肩は消耗品ではない理由

最新記事のチェックにフォローしよう