野球肩・肩のケア

野球肩を本気で治療したければ肩が治りたがっていることを知れ

もし野球肩になってしまったらやるべきこと

苦労が多い選手や、一生懸命に頑張ってきた選手、真面目に頑張っている選手ほど、皮肉にも自分の身体が修復しようとしていることに気づきません。

そして、自分自身の行動が原因で故障してしまっていることに気づきません。

なぜなら野球界で正しいといわれてきたことを実践してきただけなのですから。

そんな選手は、たまにの息抜きをしてみてください。

息抜きをして練習をサボった時に初めてわかることがあります。

野球界で言われ続けていることがすべて正しいわけではないことに気づくはずです。

サボるとは、野球の常識の範疇から考えれば「悪いこと」かもしれませんが、野球が上達する上ではとても大切なことです。

最終的には、野球が上手くなっていればその方法が正解です。

今まで一生懸命に言われることをやってきた野球選手にとっては、「サボること」、「手を抜くこと」が怖くなるでしょう。

しかしそれは、それくらい自分自身に負荷ばかりをかけ頑張ってきた証拠です。

その事実に気づかせるために、体が悲鳴をあげたのです。

もし野球肩になってしまったのであれば、たまにはゆっくりして身も心も休めることが大切です。

>次のページ:野球肩になることはある事実を気づくべきタイミング

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩を治療する前にピッチャーのブルペン練習を辞めよう
肩の痛みは選手にしか分からないと理解せよ
もう数を数えるだけの投げ込みはやめましょう ~投げ込みのやり方~
腕をただ必死に振るだけでは、投手の調子はよくなりません。
野球選手には「股関節」と「肩関節」が大切 ~野球選手が上手くなりたければ「関節」について学べ~
野球肩は治らない~あなたはそれだけの覚悟をもって対策していますか?~

最新記事のチェックにフォローしよう