野球肩・肩のケア

野球肩を本気で治療したければ肩が治りたがっていることを知れ

野球肩になることはある事実を気づくべきタイミング

これらの事実は適当な話をしているわけではありません。

私が3~27歳までの間、現役の野球選手として活動し、その後のトレーナー時代、治療家時代を通して自分の経験とあらゆる選手の様子を見てきて気づいた事実です。

私の野球人生は、野球肩によって肩の痛みで、30mも投げられなくなっていました。

自分なりによく走っていた方だと後で気づきました。

人よりも野球界で言われる肩のケアを必死にやってきました。

さらには、肩の治療のために全国をまわりました。

監督やコーチ、治療家の先生、病院の先生の言うこともきっちり守り、自分の肩のことばかり考えて毎日を過ごして来ました。

しかし、結果はそれでも野球肩が治りませんでした。

それどころか、肘まで痛める始末です。

私は、野球を辞めることになった時、自分の肩に「ごめんね」と言いました。

辞める時になって初めて、自分が自分の肩のことを本気で気にかけていなかったことに気づきました。

急激な負荷を常にかけ続けてきたことに気づかす、自分の思いばかりが前に進み、結果的に自分の身体を思いやることができていませんでした。

練習も結局は周りの目ばかりを気にして頑張っていました。

野球肩を通した経験は、自分自身にこれらの事実を気づかせてくれるための経験だったのでしょう。

今では、もっと大きな災いに出くわさなかったと思うとラッキーな出来事だったと思っています。

>次のページ:野球肩になった野球選手が一番にやること

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩の治療をする前に魚由来のコラーゲンを食べよ!
投手が大胸筋を鍛えると野球肩のリスクを高める
野球肩を治療する前に肩関節のチェック方法を知ろう~part2
野球肩とは肩関節の障害のことです ~野球選手の故障の9割は障害
「肩関節」は「不安定」だからこそ「凄い」 この意味が理解できればあなたは上手くなる
大切な人には伝えて欲しい ~肩関節を痛める前に考えて欲しいこと~

最新記事のチェックにフォローしよう