思考法

野球界の指導者がやるべきことは野球以外の情報収集

指導者の仕事は選手が動いて初めて成り立つ

これらの事実は良いか悪いかの問題ではなく、いつの時代にでも生まれる問題です。

しかし、変わらない事実があります。

それは

指導者は選手たちがよりよい成長を遂げられるように導いてあげることが仕事

であることです。

つまり、選手たちの考えることや状況を知った上で、彼らに合わせた形で指導してやらなければなりません。

より具体的に言えば、

人に伝える方法を学ぶこと

が重要です。

そのためには情報収集をしていくことも重要ですが、集めた情報をいかに伝わる形で選手へと指導するかを考えなければなりません。

 

他の方法としては、選手たちから一切の情報機器を取り上げる方法もあるとは思いますが、これからの世の中を考えればその場しのぎにしかならないことは明白でしょう。

ましてや選手たちの社会教育上良いとは言えないのではないでしょうか。

 

現代の選手はロジカルな説明を欲っしています。

感覚や感情論は求めてはいません。

野球は選手が動いて初めて試合にも練習にもなります。

選手を気持ちよく動かせるためには、自分が論理的になりロジカルな説明ができることで選手に納得をしてもらう必要があるでしょう。

怒鳴り散らす、暴力を振るうことが良い悪いは別にしても、現代の選手にやってしまえば簡単にやめてしまうのは当然でしょう。

昔はこうだった・・・先輩はこうだった・・・は全くの根拠にもならず、何の役にも立たないでしょう。

思考法の関連記事

Contents Menu

野球の練習はキツイことが正義なのか?
野球界は素直な選手ほど下手になる
できないことを反復練習してもいつまでもできない
夏の大会期間中には「体調管理」と「回復」だけに専念しよう。
今の野球選手に最も必要なのは初心に立ち返ること
高校野球の勝ち方 ~勝つためには〇〇を無くすこと~

最新記事のチェックにフォローしよう