クロスファイヤーはなぜ打ちにくいのか~左投手だからできる理由

左投手はクロスファイヤーなのに右投手はクロスファイヤーではない理由

野球をやっている方であれば、「クロスファイヤー」という言葉を一度は聞いたことがあるはずです。

そんなに良く聞く言葉なのに、この「クロスファイヤー」という言葉に疑問を感じたことはないでしょうか。

「投手」には「右投手」と「左投手」がいます。

それにも関わらず、

「クロスファイヤー」と「左投手」の「対角線」へ投げるボールのこと

を言います。

同じ「対角線」への「ボール」でも、「左投手」だけ「クロスファイヤー」と呼ぶのは何故なのでしょうか。

その理由は簡単で、

「右投手」と違って、「左投手」だけに与えられた特権とも言える「ボール」だから

です。

では、次の疑問が生まれます。

それは、

「右投手」と「左投手」ではどのような違いがあり、そして「クロスファイヤー」はなぜ打ちにくいのか

という疑問です。

以前の記事で、「右投手」と「左投手」の違いをお伝えしました(『「右投手」と「左投手」を左右対称で考えてはいけない理由』)。

この記事では、

人間の身体の構造を考えると「右投手」は腕が上がりにくく、「左投手」は腕が上がりやすい

といった内容でした。

この人体の構造の違いが、「左投手」の対角線への「ストレート」だけを「クロスファイヤー」と言う理由につながってきます。

>次のページ:左投手のクロスファイヤーはなぜ打ちにくいのか

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

投手の基本はストレート なんて考えはもう辞めにしましょう ~投手の本当の役割~

2016年1月4日

野球選手が雨の日に「すっぽ抜ける」は嘘だった。 ~「すっぽ抜け」に雨は関係ない~

2016年4月16日

【第4話】2ストライクまでに勝負を決める投球術 ~打者をてだまにとる投球術~

2015年12月10日

酸素スプレーは必要ない? ~酸素スプレーを使うのは自分の身体を信用していない証~

2016年1月21日

トンネルは正面で捕るからトンネルしちゃってるという事実

2015年11月3日

【第3話】経験の数がものをいう ~打者をてだまにとる投球術~

2015年12月8日