技術向上

クロスファイヤーはなぜ打ちにくいのか~左投手だからできる理由

左投手はクロスファイヤーなのに右投手はクロスファイヤーではない理由

野球をやっている方であれば、「クロスファイヤー」という言葉を一度は聞いたことがあるはずです。

そんなに良く聞く言葉なのに、この「クロスファイヤー」という言葉に疑問を感じたことはないでしょうか。

「投手」には「右投手」と「左投手」がいます。

それにも関わらず、

「クロスファイヤー」と「左投手」の「対角線」へ投げるボールのこと

を言います。

同じ「対角線」への「ボール」でも、「左投手」だけ「クロスファイヤー」と呼ぶのは何故なのでしょうか。

その理由は簡単で、

「右投手」と違って、「左投手」だけに与えられた特権とも言える「ボール」だから

です。

では、次の疑問が生まれます。

それは、

「右投手」と「左投手」ではどのような違いがあり、そして「クロスファイヤー」はなぜ打ちにくいのか

という疑問です。

以前の記事で、「右投手」と「左投手」の違いをお伝えしました(『「右投手」と「左投手」を左右対称で考えてはいけない理由』)。

この記事では、

人間の身体の構造を考えると「右投手」は腕が上がりにくく、「左投手」は腕が上がりやすい

といった内容でした。

この人体の構造の違いが、「左投手」の対角線への「ストレート」だけを「クロスファイヤー」と言う理由につながってきます。

>次のページ:左投手のクロスファイヤーはなぜ打ちにくいのか

技術向上の関連記事

Contents Menu

あなたは本当にスナップ使ってる? ~投球にスナップは必要がないという事実~
なんだか最近ピッチングの調子が良くないな・・・という投手の方へ
野球選手が雨の日に「すっぽ抜ける」は嘘だった。 ~「すっぽ抜け」に雨は関係ない~
技術がないからはタダの言い訳~試合出るための考え方~
【第3話】経験の数がものをいう ~打者をてだまにとる投球術~
プロ野球の投手ですら知らない本当のシャドーピッチングとは

最新記事のチェックにフォローしよう