肩に違和感があったらやるべきこと

肩に違和感があったらやるべきこと

野球肩は野球選手にとって人生を狂わしかねないほど致命的な故障です。

とりわけ「投手」であれば、野球人生の終わりと考えてもいいほでです。

そんなことは野球選手であれば誰しもが理解していることです。

しかし、理解しているわりには具体的な対策を行っている人は少ないように感じます。

可能な限り「野球肩」にならないように、「肩関節」に違和感がで始めた段階で行って欲しいことがあります。

「肩関節」の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からない・・・という人が多いので、そういった人は事前に確認しておいてください(『肩の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からな人へ』)。

では、違和感が出始めた時に、まず対策を取らないといけないこととは何でしょうか。

それは、

股関節と腹部の調整

です。

意外かもしれませんが、「肩関節」に対して何かをするわけではありません。

その理由を解説していきたいと思います。

>次のページ:なぜ野球肩の対策に股関節と腹部の調整が必要なのか

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

もう数を数えるだけの投げ込みはやめましょう ~投げ込みのやり方~

2016年1月9日

野球肩は親が防ぐ!野球選手の親なら知っておきたい肩関節の特徴

2016年9月30日

野球肩を治療するその前に投手に走り込みが不要だと

2017年5月10日

野球肩と野球肘を別物で考えるから治らない

2016年10月3日

野球肩を治療する前に下半身が大切な本当の理由を知ろう。

2017年4月28日

投手が肩関節を大切にすべき本当の理由

2017年12月21日