野球肩・肩のケア

肩に違和感があったらやるべきこと

肩に違和感があったらやるべきこと

野球肩は野球選手にとって人生を狂わしかねないほど致命的な故障です。

とりわけ「投手」であれば、野球人生の終わりと考えてもいいほでです。

そんなことは野球選手であれば誰しもが理解していることです。

しかし、理解しているわりには具体的な対策を行っている人は少ないように感じます。

可能な限り「野球肩」にならないように、「肩関節」に違和感がで始めた段階で行って欲しいことがあります。

「肩関節」の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からない・・・という人が多いので、そういった人は事前に確認しておいてください(『肩の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からな人へ』)。

では、違和感が出始めた時に、まず対策を取らないといけないこととは何でしょうか。

それは、

股関節と腹部の調整

です。

意外かもしれませんが、「肩関節」に対して何かをするわけではありません。

その理由を解説していきたいと思います。

>次のページ:なぜ野球肩の対策に股関節と腹部の調整が必要なのか

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

肩に違和感があったらやるべきこと
野球肩と野球肘の治療を別モノと考えるから治らない
投手が投げる時に〇〇すると野球肩の予防になります。
剛速球を投げられる投手がそんなに偉いのか ~二重振り子投法は消耗する~
肩の仕組みを知ることは上達するための第一歩ですよ。 ~肩関節のインナーマッスルとは~
【ピッチャーあるある】腕に力を込めれば込めるほど力が入らない矛盾

最新記事のチェックにフォローしよう