野球肩・肩のケア

投手が省エネ投球するために必要なことを知れ

投手が省エネ投球するために必要なことを知れ

野球選手はとにかく練習量を増やすことで上達しようとします。

それは例え、野球肩のような故障をした時でさえ、走り込みや筋トレによって強い身体を作ろうとします。

しかし、そんなプラスオンばかりするような発想では本物の野球選手としての強さは手に入ることはありません(『野球選手としての「強い」の定義を明確にせよ』)。

ただでさえ野球肩の大きな要因になっている下半身の疲労が蓄積されているにも関わらず、野球肩になっても走り込みを辞めない選手がたくさんいます(『野球肩を治療する前に下半身が大切な本当の理由を知ろう。』)。

投手のスタミナは走り込みや筋トレ、精神力なんてものではつきません。

「スタミナをつける」ためにはトレーニングをすることが有効的とは言えません。

トレーニング量で言えば、大半の野球選手は十分すぎる状態です。

では、どうすればいいのでしょうか。

視点を変えれば簡単な話です。

それは

疲れない投球ができるようになればいい

ということです。

つまりは「省エネ投球」ができれば問題ありません。

では、次の問題は、そんな「省エネ投球」をするためには何が必要あるかということです。

>次のページ:投手が野球肩を未然に防ぐ省エネ投球に必要なこと

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

肩関節の構造について考えたことはありますか?
お父さん・お母さんにできる子どもの野球肩を防ぐケア方法
肩周りで投手にとって最も大切な筋肉
【野球肩の対策】肩関節を大切にするためには肩関節を大切にすることではない?!
春のキャンプで調子がいいのはどうなのか? ~野球選手にとって必要なこと~
痛くなった瞬間が故障ではないということを理解せよ

最新記事のチェックにフォローしよう