投手が省エネ投球するために必要なことを知れ

投手が省エネ投球するために必要なことを知れ

野球選手はとにかく練習量を増やすことで上達しようとします。

それは例え、野球肩のような故障をした時でさえ、走り込みや筋トレによって強い身体を作ろうとします。

しかし、そんなプラスオンばかりするような発想では本物の野球選手としての強さは手に入ることはありません(『野球選手としての「強い」の定義を明確にせよ』)。

ただでさえ野球肩の大きな要因になっている下半身の疲労が蓄積されているにも関わらず、野球肩になっても走り込みを辞めない選手がたくさんいます(『野球肩を治療する前に下半身が大切な本当の理由を知ろう。』)。

投手のスタミナは走り込みや筋トレ、精神力なんてものではつきません。

「スタミナをつける」ためにはトレーニングをすることが有効的とは言えません。

トレーニング量で言えば、大半の野球選手は十分すぎる状態です。

では、どうすればいいのでしょうか。

視点を変えれば簡単な話です。

それは

疲れない投球ができるようになればいい

ということです。

つまりは「省エネ投球」ができれば問題ありません。

では、次の問題は、そんな「省エネ投球」をするためには何が必要あるかということです。

>次のページ:投手が野球肩を未然に防ぐ省エネ投球に必要なこと

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

ボールアンドソケットって知ってる?

2016年5月24日

野球肩の痛みの部分で危険度を判断しても意味がない

2016年7月31日

肩の仕組みを知ることは上達するための第一歩ですよ。 ~肩関節のインナーマッスルとは~

2016年2月22日

肩がひっかかる・ぬけるという違和感は野球肩のはじまり

2016年12月22日

投手の肩関節周りで最も大切な筋肉とは ~怪我・故障する前にこそ知ってほしい~

2016年3月26日

マッサージが否定される日があることを知れ

2017年5月24日