野球選手の身体を支えているはずのライス療法の落とし穴

RICE療法とは

RICE療法とは、それぞれの処置の頭文字をとってつけられた名前です。

RICEとは、

・Rest=安静
・Iceing=冷やす
・Compression=圧迫
・Elevation=挙上

の頭文字です。

「安静」とは、読んで字のごとく、体を動かさない様にする処置のことです。

「冷やす」とは、氷嚢などに氷を入れて患部に当てる処置のことです。

「圧迫」とは、腫れない様に患部へ物理的な圧をかける処置です。

「挙上」とは、患部の位置を心臓の位置よりも高くすることで、重力を利用し患部へ血液が流れないようにする処置です。

これらの4つの処置をすることで、痛みの軽減や、炎症細胞が増えることを最小限に抑えることを目的としています。

では、なぜこのような専門的な話を野球選手にお伝えしているのかというと、その理由は冒頭でも述べた通り、RICE療法を検証していくと疑問が生じてくるからです。

>次のページ:RICE療法の落とし穴

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球肩を本気で防ぎたいなら肩を温めた方が良いのは当たり前/アンチアイシング

2016年11月19日

ピッチャーのアイシングの話 ~とりあえずアイシングの無意味さ~

2016年6月22日

投手が肩を冷やすといけない本質的な理由

2016年9月1日

ピッチャーとアイシングの関係についてすべてを語る ~アイシングの必要な時と不要な時~

2016年3月11日

痛めたところを冷やすのは危険

2017年11月1日

野球肩の対策にアイシングは意味をなしてないって知ってた?

2016年5月13日