野球肩を防ぎたいなら投球後は温めた方が良い。

野球肩を本気で防ぎたいなら自然治癒力を高めよう

最後に、誤解して頂きたくないことがあります。

それは、アイシングの存在自体を否定しているわけではないことです。

アイシングは応急処置として素晴らしい効果があります。

人間は生きていれば、自然治癒力を遮ってでも瞬間の痛みを取り除くことが必要な状況があります。

そんな時には、神経的な麻痺を利用して「痛み」をぼかすためにアイシングを行うことが有効的です。

なぜならアイシングは誰でもある一定の効果を発揮することができる便利な治療方法です。

ただし、痛みが耐えられるのであればアイシングは使用せず、自然治癒力を促進させるようにしましょう。

つまり、

投球後にはアイシングではなく温めること

をするようにしましょう。

コンタクト系の格闘技の世界でさえ、パンパンに腫れてしまった患部にお湯をかけて温めることがあります。

効果のほどは、自分の身体で試してみればすぐに分かるはずです。

私も現役時代にはアイシングをかかさずやっていたので、突然辞めるのに抵抗があることは理解しています。

ただし、数週間アイシングをしなくても問題は何もありません。

むしろ調子がよくなる(今までから考えれば)不思議な感覚を得ることができるでしょう。

野球肩や肩関節について学びたい方は以下の記事をご参考ください。

野球肩が治らない人は必読~治療法・予防法まとめ~

肩を痛める理由と原因~野球肩の痛みがとれない本当のトコロ~

野球肩まとめ2


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問い合わせはコチラまで(「野球肩革命所チームトレーナーPJ受付フォーム」

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

アイシングをしても野球肩の対策にはならない

2017年3月5日

野球肩を治療する前に投手の肩は休むだけでは完全回復しないことを知ろう。

2017年4月13日

野球肩を治療する前にピッチャーのブルペン練習を辞めよう

2017年6月2日

ダウンとしてやるキャッチボールは無意味

2017年1月31日

【野球肩の対策】肩関節が柔らかいから大丈夫・・・は嘘?!

2016年6月21日

野球肩とミドルペインショルダー

2017年3月12日