究極のシャドーピッチングのやり方

究極のシャドーピッチングのやり方

投手であれば一度は「シャドーピッチング」をやったことがあるでしょう。

私の現役時代のように、毎日「シャドーピッチング」をやっている人もいるでしょう。

しかし、実は正しい「シャドーピッチング」の方法を知っている人は野球界にほとんどいません。

まずは「シャドーピッチング」の目的について考えてみましょう。

恐らく大半の人は、

体への負担を減らしながら自分のフォームを確認し正しいフォームへと近づけるために行う

ことを目的としているのではないでしょうか。

しかし、ここには2つの問題があります。

それは、

・正しいフォームとは何なのか判断できないこと
・見た目で見えることと体が認識することが違うこと

です。

正しいフォームは、目指すところによって異なる上、人間の身体なのでアプローチの方法は千差万別です。

それにも関わらず「正しいフォーム」をどうやって定義すればいいのでしょうか。

また、鏡や動画、画像などを通して自分の姿を見ても、体の認識と実際の動きには常に違いがあります。

見た目でカタチを実現したとしても、感覚としてはしっくりこないことなんてザラに存在しています。

そのため、野球界で広く行われているシャドーピッチングには大した効果もないので、気分転換ぐらいにしかなっていません。

では、どのようにシャドーピッチングをやればいいのでしょうか。

それは

限りなくゆっくりシャドーピッチングを行うこと

です。

>次のページ:投手に必要なことは正しいフォームではありません。

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

投手の基本は打者に打ちにくい球を投げること

2017年11月18日

前で投げるイメージが強い投手ほどボールは走らない

2017年9月23日

勝てる投手になるにはコントロールの本当の意味を知ること

2017年10月7日

最も必要なのは「筋肉」でも「足腰」でもない ~スピードボールを投げるために必要なこと~

2016年3月5日

投手が「低め」に投げるために「前で離す」と「低め」にいかない

2016年4月8日

打者にワンバウンドのボールを振らせる方法

2016年12月11日