非常識

野球界の練習は無駄ばかり ~気づかなければあなたの野球人生は潰されてオワリ~

野球界の練習は無駄ばかり

野球界の現在行われている練習は無駄ばかりで非効率なことがたくさんあります。

無駄ならまだしも、それが故障や怪我の要因になり野球人生を終わらせてしまうことがよくあります。

このままでは、あなたの野球人生は身体をつぶされて終わってしまう日がそう遠くはありません。

本日この記事に出会えたことはあなたにとって大きな一歩です。

潰される前にこの記事の内容について一度考えてみてください。

そして、自分のお子さんや、チームの選手、大切な人にできるだけ伝えてください。

野球人生で唯一やってほしくないこと

突然ですが、野球人生の長さを考えてみましょう。

野球を始めるのが早い方で小学校低学年頃から始めます。

高校まで野球をした場合には10~12年間プレーすることになります。

また大学まで進学した場合には14~16年間、社会人野球やプロ野球まで進んだ場合にはそれ以上の間プレーすることになります。

つまり、野球人生は長くても20~25年で終わることになり、早い方であれば10年もないぐらいだということになります。

人間の一生からすれば、短い野球人生をどういう風に過ごすかは人それぞれで自由だと思いますが、一つだけ避けてほしいことがあります。

それは、

自分に後悔だらけの野球人生

です。

自分の道を突き通し、日々の野球をしていればこのようなことはありません。

しかし、納得いかないことだらけで毎日を送ってしまえば、野球が面白くなくなったり、辞めざるを得ない状態へと追い込まれていきます。

仮にそんな野球人生をおくってしまった時、あなたに残るものは「後悔」しかありません。

そして、その後悔を生み出すものの最たるものが

怪我や故障による引退

です。

自分の実力を試す場すらなく引退してしまう後悔といっては他に比べられるものはありません。

現在の野球界の練習は怪我や故障のためにやっているといっても過言ではない練習のオンパレードです。

昔からやっていた練習だからといってなんの検証もされることなく、延々と長時間の練習を行います。

ただやみくもに走り込みます。(『今すぐ走り込みをやめましょう~投手に足腰の強さはいらない~』)

ただやみくもに筋トレをします。(『その筋トレって何のためにやってるの?【投手編】』)

大好きで始めた野球、自分の思い描く夢を追い続けてきた野球です。

最後は「野球をやっててよかったな」と思えるような引退の方法を取れるのがベストではないでしょうか。

野球人生について自分で考える

しかしながら、現在の野球界のジャイアニズムである「年功序列」は、優秀な選手すらダメにしてしまっています。

自分の権利を保持するために、野球以外での勝負をしてみたり、非人道的な方法を用いたりなど、スポーツマンシップに反するようなことを行う人さえいます。

 

そんな人たちが何の根拠もないような練習方法を押し付けてきます。

もちろん選手自身も「自分で考える」ということを怠っている人が大半であることは問題です。

試合に出場する権限を持っているのは監督であるため、中々抗うことは難しいかもしれません。

しかし、色々な抵抗に負けないような野球人生を歩んでください。

そのためには上手にサボることも大切です。

「野球の練習がオーバーユースすぎる」、「無意味な練習が多い」というのは「野球肩革命所」では終始訴えている内容です。

この訴えを信じる信じないは選手本人であるあなたの判断です。

少しでも自分で考えてみれば、何か感じる部分はあるはずです。

これは現在の監督やコーチを批判しているとかいうレベルのハナシではありません。

あなたの野球人生はあなたのもので、あなた自身で責任を取らなければならないものです。

非常識の関連記事

Contents Menu

野球肩を治療する前に野球肩革命所を読んで頂きたい理由
雨の日の方が肩を故障しにくいって知ってた? ~天気が野球選手に与える影響~
親子で守る子どもの野球肩対策~肩関節のケア方法
投手に必要な練習は、打者を抑える練習をすること
野球肩の後ろの痛みを自分でできるチェック方法と治療方法
野球選手が腰を痛めやすい理由~股関節と足の筋肉が重要~

最新記事のチェックにフォローしよう