体幹

体幹トレーニングが否定される日は近い

「体幹トレーニング」は良いのか?悪いのか?

野球選手を始め、アスリートの中で流行るトレーニングというのがあります。

今で言えば「体幹トレーニング」として「腹筋」や「背筋」を動かすトレーニングが流行っていると言って良いでしょう。

しかし、『「体幹」を知らずして「体幹トレーニング」をするのは無意味です。 ~「体幹」のイメージのやり方~』でも記したように、意味のない「体幹トレーニング」というのがある限り、いつ否定される日が来るか分かりません。

要するに人間の身体なので不必要な部分など、ほとんど存在せず、全て大切なので捉え方によって様々な言い方ができるわけです。

そのため、トレーニングの本質とは何なのかを考える癖をつけなければ振り回されて終わります。

「体幹」はもちろん大切なのは言うまでもありません。

しかし、今やっている「体幹トレーニング」が意味があるかどうかは検証する必要があります。

そして、それには本質を考えなければならず、「体幹」とはなんなのかを知る必要があります。

野球界が流行りに振り回されている好例(?)としてストレッチをみていきましょう。

>次のページ:野球界のトレーニングは繰り返される

体幹の関連記事

Contents Menu

体幹トレーニングをしているのに身体がフラフラしていませんか?
体幹トレーニングをしても野球をするとフラフラしてしまう理由
野球の体幹トレーニングが否定される日は近い
野球選手は左右対称にトレーニングしてはいけません
体幹トレーニングが否定される日は近い
野球選手には腹筋が必要ない?! ~野球界は「体幹」の捉え方がおかしい~

最新記事のチェックにフォローしよう