野球肩・肩のケア

野球肩の対策は肩関節に違和感が出た時に最大限せよ

野球肩の対策は肩関節に違和感が出た時に最大限せよ

野球肩は野球選手にとって人生を狂わしかねないほど致命的な故障です。

とりわけ「投手」であれば、野球人生の終わりと考えてもいいほでです。

しかし、投手である限り、ある程度は肩関節を酷使しなければ上達することはありません。

そういう意味では、肩関節に違和感がでるのは野球選手として成長している証ともとれます(『投手の全ては野球肩予備軍だから上手くなる』)。

肩を大切にしようとノースローばかりやっていては上達することはありません。

そのため、投手であるなば肩関節に違和感がでるまでは練習し、違和感が出た時には即座に対応するだけの知識が必要です。

また、可能な限り日々の疲労をとる努力をしておく必要があります。

それだけ行って肩関節に違和感が出るのは仕方がないことなので、対処方法をしておきましょう(『野球肩とミドルペインショルダー』)。

と、その前に肩関節の違和感がただの「ハリ」なのか「痛み」につながるものなのか分からない人が多いので、簡単なチェック方法を用意しました。

まずは定期的なチェックをおススメします(『肩の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からな人へ』)。

次のページ:野球肩の対策として肩関節に違和感が出たらやるべきこと

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

夏の大会中は「練習」よりも「回復」に最善を尽くせ! ~回復のために最優先すべきこと~
投手が肩関節を大切にすべき本当の理由
野球のウォーミングアップのおかしなトコロ ~野球の常識はスポーツの非常識~
野球イップスの解決方法は「治すこと」ではない?! ~イップスの解決法~
ノースローは何のためにやるのか
野球肩を治療する前に痛みの部分で危険度をはかるのは辞めよう

最新記事のチェックにフォローしよう