野球肩・肩のケア

野球肩を再発させない適切な投球再開時期とは

野球肩を再発させない適切な投球再開時期とは

野球界の常識として、肩関節の痛み、つまり野球肩に陥ってしまった時にノースロー期間を設けて肩関節の回復を促します。

その後、整形外科などで治療を行っている場合、投球が可能かどうかを判断するのに、肩関節の可動域を調べることが一般的です。

その検査で、肩関節の可動域が投球動作に対応するだけの状態になっていれば投球再開・・・となるわけですが、少し考えればこの検査に大した意味がないことが分かります。

理由を言わなくても、実際「野球肩」を経験した人であれば、既にわかっていると思います。

この検査を基にした投球再開時期の決め方では、大半の野球肩の選手が再発します。

肩関節の可動域を調べて分かることは、

その瞬間に肩関節に痛みがでるかどうか

だけです。

「痛み」がでなければ良いじゃないか・・・と思った人は落ち着いて考えてみてください。

問題は、

痛みが出ている部分を取り除くことで解決するわけではない

ということです。

>次のページ:野球肩治療の最大の目的は痛みを取り除くことではない

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩が治らない理由 ~野球肩に対する誤解を今すぐ解こう~
野球肩を治療する前に野球肩と肩の柔軟性が関係ないことを知ろう
野球肩・野球肘を防ぐためにも「肩関節」を勉強しましょう。 ~投球時の「肩関節」のイメージ~
肩は消耗品ではありません ~正しい投げ込みの仕方~
肩の痛みは選手にしか分からないと理解せよ
野球肩の治療・対策はアイシングから「飲む」時代へ変わる

最新記事のチェックにフォローしよう