技術向上

投手が球速を上げるために必要な考え方

投手が球速を上げるために必要な考え方

投手であれば、誰もが望んでいることがあります。

それは、

打者をなぎ倒すような剛速球(スピードボール)を投げること

です。

「スピードボール」を投げるための「トレーニング」方法はたくさん存在しています。

そんな方法が当てはまる人もいれば当てはまらなかった人もいるでしょう。

その原因は、野球界の大半の選手が根本的に勘違いしてしまっていることがあるからです。

それは、

スピードボールを投げる鍵はパワー(力)にはないということ

です。

一般的に「力×速さ=エネルギー」と解釈されるため、「筋トレ」の「量」や「質(バーベルの重さなど)」をたくさん行えば、「スピード」がつき「パフォーマンス」を高めることができると信じられています。

しかし、そんな「トレーニング」で結果を出している人というのはどれくらいいるのでしょうか?

そしてその結果を出した人でさえ「トレーニング」による効果の賜物だと言い切れるほど検証をしたものがあるでしょうか。

答えはもう既に出ています。

「力×速さ=エネルギー」という公式が「動作」において正しいのであれば、全員が「トレーニング」をして「筋力量」が増えれば「スピードボール」を投げられるということになります。

しかしそれは、全員には当てはまっていません。

それどころか、見渡せば当てはまっていない人の方が多いことに気づくはずです。

この事実を見れば、野球などの「動作」においては、「力×速さ=エネルギー」というのが成り立たないことを理解できるはずです。

>次のページ:投手が球速を上げる方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

【クロスファイヤーの謎】右投手と左投手でどう違うが考えたことはありますか?
小学生はみんなジャイロボールを投げていた! ~ジャイロボールの投げ方とリリース~
冬場のただの走り込みを辞めましょう。 ~”下半身をでかくしろ!”は大嘘~
投手と打者ではどっちが有利? ~有利な理由を知ると見えてくる戦略~
ストレートがシュートしたり、スライダーしてしまう時の対処法
投手に「呼吸法」が大切だって知っていましたか? ~投手が一番手っ取り早くパフォーマンスを上げる方法~

最新記事のチェックにフォローしよう