トレーニング

日本の野球選手に必要なことは練習よりもサボる勇気

野球界の練習内容は足し算ばかりで減ることはない

対戦相手に負けた時、練習内容に何らかの工夫を加えなければならないこと自体に間違いはありません。

今までやってきたことに何らかの間違いがあったため敗戦してしまっています。

そのため、何かを改善しなければ勝てるチームにはなりません。

しかしそんな時の選択肢として

練習時間を長くするよりも短くする、練習内容を増やすより減らすという選択肢があってもいい

のではないでしょうか。

練習をしすぎているせいで身体が最大限の力を発揮できていない可能性さえあります。

野球選手がやっかいなのは、普段から練習をやりすぎているため、自分の身体に疲労が蓄積されている状態かどうかも気づかない選手が少なくありません。

そして大半の野球選手は疲労が蓄積されすぎています(多くのマラソン選手より野球選手の方が下半身がパンパンになって治療院にきます)。

疲れきっている身体に対して、さらに疲れさせるという負のスパイラルに陥るような方法を日本の野球界はとっています。

とはいえ、日本の野球界では監督やコーチから言われた内容を否定することはできません。

では、どうすればいいのでしょうか。

答えは簡単で

普段の練習内容をサボってもばれない方法を考える

ということです。

一般的にサボるという行為が否定的に捉えられていることは理解しています。

しかしもし、

今やっている野球の練習が野球選手にとって無意味な要素ばかりをやっているとしたら、練習をサボれば身体が疲労しない分、サボった時の方が良い結果が生まれるのは当然

です。

そして残念なことに、現在の野球界では、野球のパフォーマンスに直結しない練習が大半を占めてしまっています。

野球選手なんだから長時間練習しなければならない・・・と考えられて時間を埋めるようにとにかく練習量をこなそうとしています。

野球選手に必要なことは

練習を増やすことよりも練習をサボること

になってしまっているのが現在の野球界の実情です。

>次のページ:野球界は今やっている練習内容が本当に効果があるのか知らない

トレーニングの関連記事

Contents Menu

体幹トレーニングをしているのに身体がフラフラしていませんか?
筋トレは一時的な錯覚を起こすだけ
投手が球速を上げるだけなら意外と簡単?!
日本の野球選手に必要なことは練習よりもサボる勇気
投手がピッチングの時にフラフラしてしまう原因
全ての練習に意味がある・・・なんていう野球指導者は要注意

最新記事のチェックにフォローしよう