トレーニング

日本の野球選手に必要なことは練習よりもサボる勇気

野球界は今やっている練習内容が本当に効果があるのか知らない

野球界の練習を真面目にすべてのメニューこなしていては、時間も体力も持ちません。

仮に試合に負けてしまったのであれば、約1週間ほど何もやらずに考える時間をとった方がよほどましな状態になるでしょう。

中途半端な効果があるかどうか分からない苦しい練習をするよりも、心(メンタル)を安定させるための動きや考えを検討した方が賢明でしょう。

こういった内容の記事を記すと必ず批判が殺到します。

しかし、そんな方にこそ1分でもいいので、「今やっている練習が無意味かもしれない」という視点を持って練習内容を眺めてみてください。

1分間だけ強引にでもあらさがしをしてみてください。

野球界で行っている練習内容を否定的に見たことがある人さえ数限られているのが実情です。

話をまとめれば、

試合に負けたからといって練習メニューを増やすばかりではなく減らす方向性で考える考え方の幅を持ちましょう

ということです。

野球肩や肩関節について学びたい方は以下の記事をご参考ください。

野球肩が治らない人は必読~治療法・予防法まとめ~

肩を痛める理由と原因~野球肩の痛みがとれない本当のトコロ~

野球肩まとめ2


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問い合わせはコチラまで(「野球肩革命所チームトレーナーPJ受付フォーム」

トレーニングの関連記事

Contents Menu

野球選手に「体力」はいらない
人間は「できないこと」を練習しても一生できない
投手がスナップを使えば投球ができない
投手なら軽いゴムボールでキャッチボールせよ!
野球選手はトレーニングでは上達しません
「調整する」の意味を本当に知っていますか?

最新記事のチェックにフォローしよう