野球肩・肩のケア

野球肩を防いで連投するならアイシングは危険

野球肩を防ぐためにアイシングを辞めてどうすればいいのか

とはいえ、どうしても連投が続いてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。

特に高校野球選手や都市対抗野球では、エースが連投を強いられることがよくあります。

そんな時には、アイシングと反対のことをしましょう。

出来る限り温め、低負荷で運動することで筋肉を動かし、血流を促進することを考えなければなりません。

そのためにも、投球後の肩のハリは無視してはいけません。

肩のハリは自分の身体に疲労回復を促進させるサインです。

アイシングでごまかしてしまうと身体が疲労回復しようという機能を阻害することにつながります。

基本的にアイシングは行う必要のない行為ですが、連投になればなるほどアイシングは避けるべきでしょう。

それでも肩のハリで投球ができない場合はどうすればいいのでしょうか。

その時は体に限界が来ている証拠なので休まざるを得ません。

何をするにしても、身体の機能を理解した上で、その機能を促進させるように考えなければ中長期的な効果は得られないでしょう。

身体は基本的に冷やすことよりも温めることを求めています。

野球肩や肩関節について学びたい方は以下の記事をご参考ください。

野球肩が治らない人は必読~治療法・予防法まとめ~

肩を痛める理由と原因~野球肩の痛みがとれない本当のトコロ~

野球肩まとめ2


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問い合わせはコチラまで(「野球肩革命所チームトレーナーPJ受付フォーム」

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩を治療する前に野球肩になる過程を知ろう
投手が省エネ投球するために必要なことを知れ
野球肩をホームケアで未然に防ぐ方法
肩の痛みは選手にしか分からないと理解せよ
野球肩の痛みがなくならない理由と対処法
野球肩を治療する前に自分の関節のことを知りましょう。

最新記事のチェックにフォローしよう