トレーニング

「体幹」ってなんのことか知っていますか? ~体幹には肋骨も含まれます~

「体幹」ってなんのことか知っていますか?

野球選手にとって「体幹」ってとても大切ですよね。

野球選手だけではなく、人間である限り、「体幹」は大切です。

しかし現実はと言えば・・・その「体幹」がなぜ大切なのか理解している人はほとんどいません(『「体幹」を使った投球とはどんな投手? ~野球界の「体幹」の捉え方はおかしい~』)

検証をされることもなく、「体幹」が大切だと言われます。

これでは、どれだけ「体幹」が大切だと言っても意味がありません。

結果的にうまくいった選手が素晴らしい「体幹」を持っていると言われ、うまくいかなかった選手は体幹が使えていないと言われているだけです。

さらに一般的に言われる「体幹」とは、「腹筋」や「背筋」のことがメインで語られます(野球選手には腹筋が必要ない?! ~野球界は「体幹」の捉え方がおかしい~)。

そのため「腹筋運動」や「背筋運動」を繰返し、筋骨隆々の状態や、6バックに割れた「腹筋」を作り上げればいいと考えられています。

しかし、本当に「腹筋」や「背筋」が発達している選手の全てが「体幹」を適切に使えている選手なのでしょうか。

「腹筋」がバキバキに割れているのに、「体幹」が弱いと言って「腹筋運動」をひたすらやらされていないでしょうか。

そろそろ「体幹」に関して適切な知識を業界的に考えてもいい頃です。

このままでは、あなたのやっている「体幹トレーニング」は時間の無駄になっているかもしれません(「体幹トレーニング」は良いのか? 悪いのか? ~「体幹トレーニング」が否定される日~)。

ちなみに、「時間の無駄」というのは、野球の技術向上に関しての話で、「人間的な成長」といった類の話とは別問題です。

>次のページ:「体幹」には「肋骨」も含まれるって知ってた?

トレーニングの関連記事

Contents Menu

インナーマッスルは鍛えるものではない
インナーマッスルを鍛えることのデメリット
本気で野球が上達したいなら練習をサボるススメ
投手がコントロールを良くするための3つの要素
野球界のがむしゃらな練習ほど無駄はない
野球が上手くなりたいなら筋肉に余裕を与えろ!

最新記事のチェックにフォローしよう