トレーニング

「体幹」ってなんのことか知っていますか? ~体幹には肋骨も含まれます~

「体幹」には「肋骨」も含まれるって知ってた?

それでは「体幹」とは何でしょうか。

「体幹」とは、

「手足」と「首」から上を除いた全ての部分

のことを指します。

つまり、「腹筋」や「背筋」だけではありません。

もちろん「腹筋」や「背筋」を含むことも確かですが、かなり広範囲だということにお気づき頂けますか。

では、「体幹」を強くするために、該当エリアすべてを鍛えることが大切だ・・・と思うかもしれませんが、これもまた違います。

「体幹」を強くするためには、

該当エリアの部分をの適切につかう(連動性を高める)

必要があります。

つまり、実際には、大半の選手が使えていないということになります。

野球界の大半の選手が行っている「いわゆる筋トレ」と呼ばれるものは、この連動性を断ち切る行為です。

一つ一つの「筋肉」は肥大化するかもしれませんが、「動作」の中では「連動性」が生まれなければ意味がありません。

「体幹」を捉え違い、また「筋トレ」が意味をなさない分かりやすい例として、「体幹」の「該当エリア」を伝えても、それでも想像していないところがあると思います。

それは、

「体幹」には「肋骨」も含まれるということ

です。

もっと言えば、「背骨」その周囲につく「筋肉」や「靭帯」、「内臓」も含まれます。

腕を投球時のように挙げれば、「肩甲骨」も動き、それと同時に「背骨」や「肋骨」も動くことに気づくはずです。

つまり、一つの「動作」をとっても、あらゆる身体のパーツを総動員しているかに気づけるはずです。

「腹筋」や「背筋」ももちろん大切な「体幹」の一部です。

しかし、

「鍛える」という概念ではなく、「適切に機能させる」という捉え方をすることが大切

です。

その方法については過去の記事でも記しているので、そちらをご確認ください。


【関連する記事】

「体幹」を使った投球とはどんな投手? ~野球界の「体幹」の捉え方はおかしい~

野球選手には腹筋が必要ない?! ~野球界は「体幹」の捉え方がおかしい~

「体幹トレーニング」は良いのか? 悪いのか? ~「体幹トレーニング」が否定される日~

「体幹」を知らずして「体幹トレーニング」をするのは無意味です。 ~「体幹」のイメージのやり方~


野球肩や肩関節について学びたい方は以下の記事をご参考ください。

野球肩が治らない人は必読~治療法・予防法まとめ~

肩を痛める理由と原因~野球肩の痛みがとれない本当のトコロ~

野球肩まとめ2


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問い合わせはコチラまで(「野球肩革命所チームトレーナーPJ受付フォーム」

 

トレーニングの関連記事

Contents Menu

野球選手は「調整」が下手だから力を発揮できない
その筋トレって何のためにやってるの?【投手編】
試合に出続けるのは頑張った選手ではない ~試合に出場する選手の条件~
野球選手としての「強い」の定義を明確にせよ
【小難しすぎて閲覧注意】筋肉の働きについて真面目に語ってみました。【投手編】
野球選手にとってのトレーニングの意味について考えてみましょう。

最新記事のチェックにフォローしよう