野球肩・肩のケア

野球肩対策の新常識~ミドルペインショルダーとは

野球肩とは何なのか

野球肩って知っていますか?

何を当たり前のことを・・・と思われたかもしれませんが、実は野球肩には明確な定義はありません。

様々な肩関節における野球選手の傷害(故障)を総称して呼んでいるだけに過ぎません(『野球肩とは肩関節の障害のことです ~野球選手の故障の9割は障害』)。

つまり、

野球肩を治したいんですがどうすればいいのでしょうか

という質問には答えようがありません。

これは「野球肩革命所」にも多い問合せの内容なのですが、あくまで肩関節の傷害の総称なので、具体的な状態を見ないことには何も言いようがありません。

さらにひどい現状としては、診断名もかなり曖昧なものなのでどこまで信用していいものか言い切ることはできません(『野球肩が治らないのは誤診が多いから』)。

ところで野球肩とはいつから言われ始めたのでしょう。

私が小学生の頃であった約30年前には、野球肘というのはよく聞きましたが、野球肩は聞いた記憶はありませんでした。

野球肩をあえて定義付けるとすると

関節可動域に関わらず、投球時に痛みが発生した場合の肩関節の状態のことを言い、組織損傷の有無は問わない

と言えます。

簡単に言えば、「投げると痛い」というものです。

この定義から言えば、医療機関で野球肩と診断されても痛くないケースや、痛いのに医療機関では野球肩と判断されないケースがでてきます。

と、少し小難しい話をしてきましたが、野球選手にとって野球肩において重要なこととは何でしょうか。

それは

仮に野球肩と診断されようが、痛みも伴わず、その後の野球人生に影響を及ぼさないものであれば問題ない

ということではないでしょうか。

とにかく「肩関節」に「痛み」や「違和感」がなく、通常のプレーが行え、その後大事に至らなければ問題ないはずです。

そのためには大事に至る前に野球肩を未然に防ぐ身体のケアや身体の使い方を学んでおき、仮に野球肩を発症したとしても早期に発見し対策を行うことが重要です(『野球肩を未然に防ぐための簡単なチェック方法』)。

野球肩対策の新常識~ミドルペインショルダーとは

野球選手である限り、肩関節を酷使しないという状況は困難なことです。

とはいえ、野球肩に一度なってしまうと、野球人生の終焉を意味していると考えても大げさではありません(『野球肩は治らない~あなたはそれだけの覚悟をもって対策していますか?~』)。

となると、肩関節が野球肩になってしまう一歩手前で未然に防いでいくしかありません。

そこで、野球肩を本気で防ぎながら、なおかつパフォーマンスを最大限に伸ばしていくトレーニングをしていく上で大切な考え方をお伝えしたいと思います。

それは

ミドルペインショルダー

という考え方です。

このミドルペインショルダーはどこを調べても出てくることはありません。

「野球肩革命所」が独自に定義づけしている言葉です。

ミドルペインショルダーとは、

投球時に肩関節に「違和感」、「張り」、「不安定感」があるものの「痛み」をともなわず、今後痛みが伴う可能性が高い状態

です。

簡単に言えば、「ミドルペインショルダー」は野球肩になる一歩前の段階です。

「ミドルペインショルダー」は中くらいの痛みということではなく、痛みのでる一歩手前のことです。

「痛みはないが痛くなりそう」、「違和感があるけど痛くはない」、「張りが強いけど痛みではない」という状態を考えてもらえれば、ミドルペインショルダーの概念を分かりやすくしてくれると思います。

かなり感覚的な所が大きいと感じられたかもしれませんが、その感覚に委ねている所がまさに正しいと考えています。

関節可動範囲の広狭や、筋力の大小では野球肩を正確に把握することは困難で、そういった所に目を向けているため、本人自身も肩関節が「痛み」なのか「張り」、「コリ」なのかの区別さえつかなくなっています。

野球肩の判断については別の記事に記しているのでそちらをご参考ください(野球肩を未然に防ぐための簡単なチェック方法)。

野球肩対策にミドルペインショルダーが重要な理由

では、ミドルペインショルダーが野球肩への対策として重要な役割を果たすのはなぜでしょうか。

それは

肩関節に何らかの痛みが出現する前に、根本的にバランスがとれた状態を作り、痛みへと移行しないように違和感を取り除く方法を施すことが野球肩(肩関節の障害)を未然に防ぐ上で合理的だから

です。

ミドルペインショルダーの状態は野球選手としてはしかたのない状態です。

むしろミドルペインショルダーを経験するぐらいのトレーニングはパフォーマンスを向上させるためには必要な要素と言えます。

しかし、ミドルペインショルダーの状態になった時には何らかの対策(ケア・適切な休息)が必要であるということを忘れないようにしてください。

野球肩対策において絶対的な改善策を施すためには、このミドルペインショルダー状態で何かしらのアプローチ(フォーム改善、疲労回復、安静などなど)が絶対的に必要です。

野球選手の多くは、肩を痛めてしまった状態で、スタッフに打診し、病院に行く手配を取ります。

しかし、肩関節は「痛み」にまで発展した時には、治癒に相当な時間を要する上、完治の見込も難しくなります。

ミドルペインショルダーの状態の重要性を野球に関わる人間が理解すれば、スタッフや監督に対しても言いやすい環境ができあがってくるでしょう。

これからの野球界において大切な概念になってくるので注目しておいてください。


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問合せはコチラより(問合せフォーム)。

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

アイシングをしても野球肩の対策にはならない
投球のパフォーマンスを高めるためには手首の使い方を覚えることから ~手首が投手に与える影響~
野球肩の痛みは野球選手にしか分からないから治らない
肩関節の調整に対する考え方を改めよ
お父さん・お母さんにできる子どもの野球肩を防ぐケア方法
野球肩が治らないのは誤診が多いから

最新記事のチェックにフォローしよう