野球肩・肩のケア

野球肩は治らないという覚悟を持って身体のケアをしていますか?

野球肩は治らないという覚悟を持って身体のケアをしていますか?

「野球肩」を甘く見てはいけません。

確実に言えることは、痛めてしまったら他の「関節」に比べ圧倒的に治りが遅い故障です。

ボールを投げるという行為は、大半の野球選手が考えている以上に繊細な「肩関節」の状態が求められます。

「痛み」を簡単に考えていると、簡単に投球ができなくなってしまうこともあれば、「痛み」と生涯付き合わなければならなくなることもあります。

まさに

「野球肩」は、野球選手にとっては致命的な要素となりかねない「肩関節」の障害

です(『野球肩とは肩関節の障害のことです』)。

タイトルにある「治らない」という覚悟を持って初めて「野球肩」の半分を防ぐことができると思っていいぐらいです(『9割の投手が野球肩予備軍の選手だって知ってた?』)。

かくいう私も「肩関節」の「障害」を患い、一時期は塁間も届かないほどの状態に陥りました。

そこで「肩関節」の「痛み」をかばいながら野球を続けていてもどうせ戦力外でクビになる・・・と感じたので手術を決断しました。

ある意味、ギャンブルのような感覚に近いものです。

その結果はというと、「肩関節」の痛みは、ある程度良くなったものの、完全に「痛み」が取れることはありませんでした。

手術後、球速は145km/h程の全盛期に近い状態に戻ったものの、野球をやめて約10年が経つ今でも、動きによっては痛みが伴う状態です。

私の例のように「肩関節」を痛めてしまっているのにも関わらず、しっかり治さずに、だましだまし投げ続けていると、いつの日かまともに投げられなくなります。

そして、そこからは今まで大好きだった野球がどんどん辛いものになっていってしまいます。

野球肩は、野球選手であれば健康な状態の時から常に警戒していなければならないものです。

結果的に野球肩のケアを考えれば、トレーニングの質や技術の向上につながるため一石二鳥なので、今すぐ情報を集めるようにしてください。

>次のページ:野球肩が治らない原因とは

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

肩をつくるとはどういうことなのか? ~「肩をつくる」の正体を徹底解明~
野球肩の痛みがなくならない理由と対処法
「投手の腕がしなる」ってどういう状態? ~「しなり」の正体を解き明かす~
筋肉が太くなると関節がずれることを知ろう
【野球肩の対策】野球選手がうまくなりたきゃ軟骨の凄さを知れ!
野球選手の肩は消耗品ではない理由を知ろう。

最新記事のチェックにフォローしよう