野球肩・肩のケア

野球肩を治療する前に「柔軟性」と「しなやかさ」の違いを知ろう。

野球肩を治療する前に「柔軟性」と「しなやかさ」の違いを知ろう。

スポーツ選手は「体が柔らかい方がいい」などと言われることがよくあります。

それは、野球選手も例外ではありません。

もちろん固い動きよりも柔らかい動きの方がいいと思います。

しかし、その柔らかさというのは

「しなやかさ」という意味合いであり、決して柔軟体操などが柔らかいという意味ではない

ということを理解しているでしょうか。

つまり、柔軟体操やストレッチで柔らかいからといって、しなやかに動けるかというとそれはまた別問題だということです。

ここの違いを勘違いしてしまうと、無駄な時間をストレッチや柔軟体操に費やしてしまう可能性が高まります。(『ストレッチって本当に効果があるの?』)

特に野球選手が最も恐れる故障の一つである「野球肩」も肩関節周りが柔らかければ故障リスクが低いのか・・・というと全くそんなことはありません。

むしろ柔軟体操のようなストレッチが野球肩の故障リスクを高めていることがあることを知っておきましょう(『野球肩を治療する前に肩のストレッチのデメリットを知ろう。』)。

>次のページ:野球選手に必要な「しなやかさ」とは何なのか

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

肩は消耗品ではない理由
肩は消耗品ではありません ~正しい投げ込みの仕方~
野球肩を他の故障と同様に考えていると危険
効果的なアイシングとは何なのか? ~アイシングをおススメしない理由~
野球肩を治療する前にアイシングを辞める勇気を持とう
【野球肩の対策】野球選手が上手くなりたきゃ「内旋」・「外旋」を理解しろ!

最新記事のチェックにフォローしよう