野球肩・肩のケア

野球肩の治療・対策はアイシングから「飲む」時代へ変わる

野球肩の治療・対策はアイシングから「飲む」時代へ変わる

野球肩に怯える、野球肩に悩まされている野球選手はかなりの数で存在しています。

実際に野球肩は野球人生を終わらせるには十分すぎる故障です。

私自身も最終的には野球肩によって野球人生を終えています(『野球肩革命所とは』)。

それにも関わらず、野球界では野球肩への具体的な対策や治療法が成されないまま進んでいます。

野球界で行われるようなストレッチは無意味だということも判明してきています(『野球界からマッサージやストレッチが否定される日は近い』)。

また、投球した後に必ずといっても良いほど行っているアイシングも本来の目的である「疲労回復」や「回復の促進」には役立っていないことも判明してきています(『アイシングは野球肩の予防・対策にはなりません』)。

これらは、大半の野球選手が自分自身で検証せず、言われるがままに行って来たという歴史がそうさせています。

アイシングは、局所を急激に冷やすことによる血流の減少と、神経的な興奮の抑制により、「痛み」や「張り」を誤魔化すためのものに過ぎません。

アイシングには治癒の促進効果はなく、血流の抑止を考えれば、むしろ治癒の遅延を招く行為です。

野球選手に必要なことは、痛みをごまかすことではなく、根本的な治癒や疲労の抑制が必要なことは言うまでもありません。

むしろ疲労回復を促進するのであれば温めることが重要です。

アイシングに関して詳しく知りたい方はコチラの記事をご確認ください(『ピッチャーとアイシングの関係についてすべてを語る』)。

さらに、人間の身体を勉強していけば、さらなる有効的な方法が見えてきます。

それは

コラーゲンを飲用すること

です。

これからの野球肩対策はアイシングによって「冷やす」時代からコラーゲンを「飲む」時代へと変化していきます。

>次のページ:野球肩の治療・対策にコラーゲンが有効的な理由

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩|もし投手の肩に痛みが出てしまったら・・・
野球肩を治療する前に野球肩が治りにくい原因を知ろう
プロ野球選手の野球肩を徹底分析 ~今中慎二投手のケース~
野球肩革命所のトレーナーをチームに呼ぼう ~チームトレーナーPJ始動~
ピッチャーは身体を回復するだけで上手くなることを知れ
野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がない

最新記事のチェックにフォローしよう