野球肩・肩のケア

野球肩を自宅で未然に防ぐ方法

野球肩を自宅で未然に防ぐ方法

「野球肩」は投手であれば、度合の大小を含めれば大半の方が経験していると思います。

それは、小学生のときかもしれませんし、大人になってからのことなのかもしれません。

なぜなら、野球肩になる可能性を常に持っているからこそ、野球選手が野球選手であり続けられるという皮肉な面が存在するからです(『投手の全ては野球肩予備軍だから上手くなる』)。

そして「野球肩」が選手生命に関わってくる故障で、誰しも陥る可能性があるということをすべての野球選手が薄々感じとっています(『野球肩は治らないという覚悟を持って身体のケアをしていますか?』)。

それにも関わらず、誰も具体的な対応策を見出そうとしません。

大半の医療関係者でさえ野球肩の本質は知りません(『野球肩が完治しにくいのは誤診が多いからって知ってた?』)。

結局、実際に故障をしてみないと自分の身体に真剣に向き合うことができない・・・ということなのかもしれませんが、それにしても対策方法が一向に進化しません。

最近はやりのアイシングも野球肩の対策になっていないことが判明しているにも関わらず、アイシングをやり続けている現状を見れば明らかでしょう(『アイシング不要論~アイシングをした末路と野球肩への効果』)。

「野球肩」になってからは皆が必死に治そうと努力しますが、「野球肩」はなってからでは簡単に治すことができません。

これらの事実を考えれば、すべての野球関係者が「肩関節」に対して正しい知識をもっておく必要があります。

そして「肩関節」の知識を持った上で、野球肩を未然に防ぐ手段を講じる必要があります。

とくに「ホームケア」を正しく行うことができれば、大きな効果を得ることができるでしょう。

そこで、本日の記事では「野球肩」に対する「ホームケア」の方法について記していきます。

知識に関しては過去の記事を参考にしてください。

野球肩への対処法・予防法まとめ

野球肩まとめ2

>次のページ:家族で行う肩関節へのホームケア方法

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

【野球肩の話】投手は続けていれば必ず野球肩になる
肩がひっかかる・ぬけるという違和感は野球肩のはじまり
投手が投げ続けていれば野球肩になるのは当たり前
野球肩を治療するその前に科学的根拠の作り方を知ろう
野球肩の治療をする前に魚由来のコラーゲンを食べよ!
野球肩|投手の肩は消耗品ではありません。

最新記事のチェックにフォローしよう