野球肩革命所1週間まとめ記事(2016年2月1日~2月7日ver.)

1週間まとめ記事

いつもご覧になって頂きありがとうございます! 先週の記事でお見逃しになったものがあれば、今回のまとめ記事でぜひチェックしてみてくださいね。

今週の記事は以下になっております。

小波津祐一氏

article_costdown_windom

 

キャッチャーミットを見れば見るほどコントロールが悪くなるという事実

試合のための肩のケアって考えたことありますか?

いくら走りこんでも下半身は強くなりませんよ。 ~野球選手に必要な下半身とは~

投げ込みをするデメリットは知っててやっていますか?

シュートするのはそんなに悪いことではない ~ストレートがすぐにシュートしてしまう人の対処法~

全身を使って投げようとすると全身を使えていないという矛盾

インナーマッスルを鍛えても意味がない?! ~インナーマッスルの正体~

 

キャッチャーミットを見れば見るほどコントロールが悪くなるという事実

よく投手がコントロールを高めるために、キャッチャーミットをよく見ながら投げようとしている光景を見かけます。しかし、実は見れば見るほどコントロールというのは悪くなっていきます。

yakyukata_article104

試合のための肩のケアって考えたことありますか?

練習と試合で大きく違うことをご存知ですか? 少なくとも状況が違うことは分かるはずです。となれば、そのための準備の仕方も変わってくるはずなのに、同じ形で臨んでいませんか?

yakyukata_article105

 

いくら走りこんでも下半身は強くなりませんよ。 ~野球選手に必要な下半身とは~

野球選手にとって走り込みというのはほとんど意味がありません。というより、野球選手自身が、野球選手にとって必要な下半身の「強さ」の定義があいまいになっています。

yakyukata_article106

投げ込みをするデメリットは知っててやっていますか?

投げ込みをすることでしか、投手にとって必要な筋肉というのはつきません。しかし、そんな投げ込みにもデメリットというのが存在しています。どんな練習にもメリット、デメリットが存在しているので、理解して練習しましょう。

yakyukata_article107

シュートするのはそんなに悪いことではない ~ストレートがすぐにシュートしてしまう人の対処法~

ストレートがシュート回転してしまう投手はよくいらっしゃいます。そんな投手は修正してしまおうと思いがちですが、それは1つのあなたの特性です。その球をいかす方法があります。

yakyukata_article108

全身を使って投げようとすると全身を使えていないという矛盾

全身を使って投げることは投手にとって必要なことです。しかし、「全身を使う」という意味を間違ってはいけません。多くの投手は力ばかりを込めてしまっているので、結果として全身を使うことができていません。

yakyukata_article109

 

インナーマッスルを鍛えても意味がない?! ~インナーマッスルの正体~

最近の投手であればインナーマッスルを鍛えようとしている人が多いと思います。しかし、インナーマッスルのことをよく理解していない人は多いのではないでしょうか? どんな筋肉かも知らずして、鍛えることほど愚かなことはありません。

yakyukata_article110

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

手は膝につかない方がイイ本当のトコロ~動作にはきっかけが必要~

2015年11月11日

野球界は迷信がいっぱい!~野球選手はまずランニングからの嘘~

2015年11月17日

●●●がなければ投手をやめましょう~投手であり続けるために絶対必要なこと~

2015年12月3日

野球肩革命所1週間まとめ記事(2015年11月30日~12月6日ver.)

2015年12月7日

炭化竹バット「無料モニター抽選会」キャンペーン終了まで3日【確変中】

2015年11月27日

野球肩革命所1週間まとめ記事(2016年2月8日~2月14日ver.)

2016年2月15日