野球肩・肩のケア

野球肩になる可能性があるからこそ投手が投手であり続ける。

野球肩になる可能性があるからこそ投手が投手であり続ける。

野球選手の多くが、とくに投手に至っては、長く続ければ続けるほど必ずといっても良いほど野球肩になります。

野球肩は肩関節の故障を総称して言っているだけで具体的な症状名ではありませんが、野球選手にとっては逃れることができなものと言っても過言ではありません。

なぜなら、野球肩になる要因をつくっているものこそが、野球選手が野球選手であるために必要な要素だからです。

野球肩は

肩関節が不安定な状態で過度なストレスが一定の部分にかかりすぎることによって発症する

ものです。

専門的な言い方をすれば、「肩関節の障害」と言われます(『野球肩とは肩関節の障害のことです ~野球選手の故障の9割は障害』)。

では、野球肩を防ぐためには、肩関節を安定させるために固定していけばいいのか・・・というとそうはいきません。

なぜなら、

野球の投球動作を実現させるためには、肩関節が不安定である必要があるから

です。

「不安定」という言葉が適切かどうかは分かりませんが、「不安定である関節」というのは裏を返せば「可動域の広い関節」ということです。

「肩関節」は人間の身体の関節の中でも圧倒的に可動域が広い関節です。

簡単な言いかたをすれば便利な関節です。

ただし、便利であるために使用頻度も高まれば、可動域が広いために負荷がかかりやすい関節だということです。

野球選手は常に、この矛盾の中で野球をプレーしています。

では、野球肩を防ぐ方法は現実的に不可能なのではないかと考えたくなるでしょう。

しかし、そんなことはありません。

本気で野球肩を防ぎたいのであれば、

自分の肩関節に負荷をかけすぎないような身体の使い方を学び、疲労回復を促進させること

で一定範囲を防ぐことが可能です。

しかし、疲労回復とはアイシングでもマッサージでもストレッチでも実現することはできません(『野球界からマッサージやストレッチが否定される日は近い』)。

専門家に任せることがベストな選択ですが、家庭でできる範囲のこともあるので、疲労回復に関してはこちらをご覧ください(『お父さん・お母さんにもできる野球肩を防ぐマッサージ方法【図解付き】』)。

故障をしてしまっては、どんな結果の出るトレーニングを繰り返しても意味がありません。

そしてそれが「野球肩」であれば、野球人生を終わらせることが十分にありえます。

しかし、それと反面、野球肩と隣り合わせだからこそ野球がプレーできているということを忘れてはいけません。

そんな人間の身体の構造を理解してこそ、意味のあるトレーニングができて、故障も防ぐことができます。

最後に、野球肩を本気で防いでいきたいという人は、「ミドルペインショルダー」という考え方を学んでおくことをおススメいたします(『野球肩対策の新常識~ミドルペインショルダーとは』)。


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問合せはコチラより(問合せフォーム)。

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

肩関節の構造について考えたことはありますか?
野球肩で治療する前にやって欲しいチェック方法
プロ野球選手の野球肩を徹底分析 ~伊藤智仁投手のケース~
肩をつくるとはどういうことなのか? ~「肩をつくる」の正体を徹底解明~
野球肩を未然に自宅ケアで防ぐ方法
野球肩を本気で治したい・・・それが野球肩革命所®

最新記事のチェックにフォローしよう