野球肩と野球肘の治療を別モノと考えるから治らない

野球肩と野球肘の治療を別モノと考えるから治らない

野球肩と野球肘と言えば野球選手を悩ませる最大の故障と言っても過言ではないでしょう。

野球肩や野球肘とまではいかなくても、肩や肘の痛みや違和感を大半の野球選手が一度は経験するでしょう。

野球肩や野球肘になるとボールを投げられなくなるばかりか、治りにくい故障としても有名なので選手生命を終えることになります。

そのため、最も大切なことは、日々の身体のチェックを行い(『肩の違和感が「ハリ」なのか「痛み」なのか分からな人へ』)、日々の身体のチェックを欠かしてはいけません(『野球肩を未然に自宅ケアで防ぐ方法』)。

とはいえ野球選手なので練習をしなければ上達はしないため、ある意味では野球肩や野球肘のリスクを抱えているからこそ野球人と呼べる面も存在しています(『投手の全ては野球肩予備軍だから上手くなる』)。

そのため、野球肩や野球肘になる一歩手前の段階(『野球肩とミドルペインショルダー』)、あるいは軽度な段階で最低限適切な処置をするように心がけなければなりません(『野球肩の対策は肩関節に違和感が出た時に最大限せよ』)。

ところで、なぜ野球肩と野球肘は治りにくい故障なのか考えたことはあるでしょうか。

この答えはシンプルで、

野球肩と野球肘などの故障を治療する時に考えているポイントがずれているから

です。

少なくとも、野球肩と野球肘の治療を別物と考えているのであれば、完全にポイントがずれている証拠でしょう。

野球肩と野球肘のどちらが悪いというものではなく、どちらにも関連して発生している事を理解しなければなりません。

つまり、

「肘」が痛ければ「肩」にも原因があり、「肩」が痛ければ「肘」にも原因がある

ということです。

「野球肘」や「野球肩」の治療やケアを考える場合、必ず相対的な捉え方をすることが必要だと理解してください。

>次のページ:野球肩と野球肘の関係性

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

怪我をしていないからこそ考えて欲しい怪我のこと

2015年10月27日

お父さん・お母さんにもできる野球肩を防ぐマッサージ方法【図解付き】

2016年9月15日

野球肩の治療をする前に魚由来のコラーゲンを食べよ!

2017年4月24日

野球肩を根本的に防ぐために肩関節の構造を知ろう。

2016年11月29日

いったい誰が言いはじめたのか ~野球選手は身体が硬くても関係ないという事実~

2016年1月29日

【野球肩への対策】肩関節の構造を知ろう。

2016年5月15日