球速アップ

ある投手がたった2年間で球速を25km/hもあげられた理由

ある投手がたった2年間で25km/hの球速を上げた左腰のトレーニング方法

では、最後に左腰のトレーニングを見ていきましょう。

方法は右股関節のトレーニングに左への「ひねり」を加えていきます。

レッグランジの反動版に「ひねり」を加えると、右の股関節もさらに伸ばされる感覚が出てくるはずです。

左方向への「ひねり」を加える際には、右の股関節が引き伸ばされるように意識してください。

この「ひねり」を加える動作は「反動」をつけてできるようになることがベストですが、始めのうちは難しいと思うので、徐々になれていきましょう。

無理をしてはいけません。

あくまで今までのように苦痛を与えるようなトレーニングではなく「身体の使い方」を習得するトレーニングだと認識してください。

苦痛でなければトレーニングではないわけではありません。

>次のページ:球速を上げるために「筋トレ」が必要という概念を捨てましょう。

球速アップの関連記事

Contents Menu

投手が球速を上げるために必要なこと
ある投手がたった2年間で25km/hの球速を上げた筋トレより大切な考え方
投手が手首をいくら筋トレしてもスピードが速くならない理由
投手の肩が柔軟だから球速が速くなるわけではありません。
投手が球速を本気で上げたいなら筋トレを辞めましょう。
腕はいくら振っても球速はあがりません。

最新記事のチェックにフォローしよう